神奈川県川崎市高津区の歯医者|痛くない良くかめる入れ歯|笠貫歯科クリニック

無料メール相談インターネット予約

溝の口駅 笠貫歯科クリニック 川崎市高津区
医療者として、患者様のために全力を尽くす。歯を守るのが、私の仕事です。
笠貫歯科クリニック トップページ院長紹介治療に対する考え方治療費についてアクセス・地図歯や治療のメール相談インターネット診療予約

治療のご相談・ご予約は 044-877-3220 初診の方へ

患者様の声

患者様Q&A

無料メール相談インターネット予約 無料メール相談インターネット予約

一般歯科治療はこちらから!笠貫歯科クリニック
スルガ銀行のデンタルローン

住所
神奈川県川崎市高津区久本2-1-15-2階
(1階はファミリーマート) アクセス・地図 最寄駅
田園都市線 溝の口駅より徒歩4分 南武線 武蔵溝ノ口駅より徒歩4分 TEL
044-877-3220 休診日
木曜・日曜・祝日 アクセスマップ
アクセス・地図の詳細ページは≪こちら≫

歯科治療に対する考え方

保険治療には限界がある

日本の歯科医療には『痛くなったら、悪くなったら治す』という対症療法的な治療がその根底にあります。また、もっとも一般的に行われている保険診療には使用できる材料に制約があり、厚生労働省が定めた診療内容に準じて治療をおこないますので通院回数が増える場合が多いのもこういった理由からです。

しかし、これらの考え方では歯を残し、守っていくことは難しいのが現実です。当院も保険医療機関ですので治療は可能です。ですが、様々な意味で保険治療には『限界』があるという事をまずご理解いただければと思っています。

可能な限り歯を残し、
できるだけ長い期間ご自分の歯でお過ごし頂くための治療

国際歯科連盟(FDI)では2000年にMinimal Intervention(最小の侵襲)という新しい概念を提唱しました。この考えは限界まで歯を抜かない、削除しないという考えです。現在、歯科の分野においても予防という考え方が徐々に浸透してきました。初期の虫歯に関してもすぐに削って詰めるという選択ではなく、虫歯の状態をしっかりと検査した上で『予防』または『治療』の治療計画を立てご説明します。ご自身の健康な歯に勝るものはありません。可能な限り『治療の介入を遅らせる』若年者においてはこの考えの下、治療をおこなっています。

中高年の方々にスポットを当てると、すでに虫歯や歯周病に罹患し、その結果多くの歯を失っているか、近い将来失うであろうことが予測される状態にあるケースがほとんどです。この時、上記にあるような最小の介入に固執するあまり、既に罹患している状態を静観し経過観察を続けていると、ますます状況を悪化させてしまう結果にもなります。その場合には全面的に介入し咬合の再構築をすることがとても重要になってきます。

imgphotoつまり、消極的な治療をおこなうと残っている歯に負担が集中し最終的には徐々に抜け落ちてしまうという状態になりかねません。その為には歯の削除をおこない、全顎的に歯の固定をおこなうと共に咬合の安定を図り、長期的に口腔内で機能する治療をおこなう必要があります。

時として最大限に介入し(Maximal Intervention)全ての歯を固定することにより、入れ歯で歯の喪失を予防するような治療方法(予防補綴)が必要になってきます。

恩師の提唱する
Das Beste Oder Nichts.(最善か無か)

imgphotoつまり医療とはその時代を反映した最高の材料と最良の技術が患者様に反映されなければならない。という考えに基づき、患者様の年代、口腔内の状態に応じた治療のご提案をしています。

当院では一人のドクターが治療をおこないます。来院ごとにドクターが代わる場合、ドクター間の意思の疎通が難しく、また最終責任者が決まらないからです。

無料メール相談 インターネット予約
予約優先

KASANUKI DC

Copyright(C)笠貫歯科クリニック All rights reserved.